株式会社陽進堂 会社案内 - 人と薬の明日を見つめて。

クオリティの高い薬を、もっと身近で手軽に使うことができれば、薬は人々の命と健康をよりいっそう役立つことができる。陽進堂は創業からおよそ半世紀、独創的な技術と思想で、数々の医薬品を提供してきました。
そして今日、有効で安全な薬を誰もが少ない負担で利用できるよう研究開発と生産システムの充実、効率化を進めています。"人々の健康と社会貢献を願う製薬企業"という理念のもと、あらゆるニーズに応える高度な体制で、多彩な医療用医薬品を幅広い皆様へお届けしていきます。もっと多彩に、役立つ薬。
陽進堂メッセージ

薬はまず安全なこと、効果が確かなこと。

そして、これからは安価であること
陽進堂は、ジェネリック医薬品の専門メーカー 医療用医薬品には、最初に発売された新薬(先発品)と、新薬の再審査(有効性及び安全性の再確認)期間終了後に新薬と有効成分が同じで厚生労働省の承認を得て発売される医薬品(後発品)があり、 後者をジェネリック医薬品と呼んでいます。その最大のメリットは安さです。新薬の開発には莫大なコストがかかりますが、ジェネリック医薬薬は開発期間が短縮されコストも削減できるのです。 すでに欧米ではジェネリック医薬品は、高い普及率になっています。国民医療費の抑制が大きな課題となる我が国でもその流れは着実に進み、医療コスト削減の切り札として重要性はますます高まっています。

ジェネリック医薬品の必要性

  • 患者の自己負担軽減
  • 医療機関の薬剤購入費のコスト削減
  • 国民医療費の削減

優れた医薬品を、誰もが身近に使えるように。
新薬と同等の有効性、安全性を有し、かつ低価格で高品質なジェネリック医薬品の提供に努めています。
陽進堂は、ジンズー川の畔の豊かな自然に恵まれた約4万4千平方メートルの敷地内に構成されています。
最新鋭の原薬工場、製剤工場、総合研究所を保有し、原薬から最終製剤まで質の高い医薬品を、効率よく生産するための一貫した体制を確立しています。

陽進堂では、関連するすべての製品の品質、安全にかかる業務を一元管理し、より高い品質保証システムを確立するため、品質保証部、安全管理部、薬事部で構成された信頼性保証部門を設置しています。
また、工場においては品質部門のもと、GMPにもとずく管理規定を一元的に統括し、確かな医薬品を安定して製造できる体制を築いています。
原薬レベルから品質保証のできるジェネリック医薬品。
それが陽進堂の最大の特徴です。

ニュースリリース(2014年12月1日)

村上選手NHK 杯国際フィギュアスケート競技大会優勝について
当社、陽進堂所属の村上大介選手が2014年11月28日、29日に大阪府立なみはやドームで行われた、2014年NHK 杯国際フィギュアスケート競技大会・国際スケート連盟公認グランプリシリーズ2014/2015男子シングルに日本代表として出場し、見事初優勝いたしました。
村上選手は、ショートプログラムで第3位(79.68点)でしたが、フリースケーティングで第1位(166.39点)、トータルで246.07点と、いずれもパーソナルベストを大幅に更新しての逆転優勝でした。演技では、ショート、フリー合わせて3回の4回転ジャンプをミスなく決め高得点を獲得しました。
同選手は2年前のNHK 杯の公式練習で右肩を脱臼して途中棄権し、手術を受けるも1シーズンを棒に振るという苦しみを乗り越えての今回の出場となりました。
今後は更に練習を積み重ね、本年12月26日から行われる全日本選手権での好成績を目指します。
ここに日頃から応援いただいております皆様に心から御礼申し上げますとともに謹んでご報告申し上げます。今後とも村上大介選手への応援を宜しくお願い申し上げます。
株式会社陽進堂

<村上大介選手プロフィール>

所属 株式会社陽進堂
生年月日 1991年1月15日
出身地 神奈川県
趣味 映画鑑賞、旅行
特技 語学、料理

PDF:
村上選手NHK 杯国際フィギュアスケート競技大会優勝について