付加価値を高めたジェネリック医薬品を開発

陽進堂では、ジェネリック医薬品の専門メーカーとして、製造・品質管理を徹底した「新GMP基準対応」工場での生産体制を確立しています。
ジェネリック医薬品は、ともすればコピー商品と捉えられがちですが、先発商品とまったく同じとは限りません。有効性・安全性などは同等で、しかも先発品の欠点を改善した製品も多く開発されています。
陽進堂では、カプセルが大きくて飲みづらい薬、味が非常に苦く子供に飲ませるのにひと苦労する薬などについて、小さくしたり味の良い製剤にしたりすることで服薬コンプラインアスを向上させたジェネリック医薬品の開発に取り組んでいます。

カテゴリー: ジェネリック医薬品ブログ   タグ:   この投稿のパーマリンク