ジェネリック医薬品と新薬の違いについて

ようこそ、富山県にある陽進堂のブログです。
ジェネリック医薬品と新薬の違いですが、ジェネリック医薬品は後発医薬品とも言われ、特許の切れた医薬品を、他の製薬会社が製造・供給する医薬品のことをいいます。逆に、新薬(先発医薬品)とは特許を取得した新しい医薬品のことです。
新薬の開発には、多大な時間と費用がかかるとされています。そのため、新薬を開発した製薬会社はその有効成分や製造方法、用法用量などについて特許権が与えられるという形で、その薬を独占的に製造・販売できる権利が法律で認められ、類似品が作られないよう保護されています。
特許権の存続期間は最大で25年間であり、その期間が終了すれば、他の製薬会社も自由にその薬とほぼ同じ成分の薬、つまりジェネリック医薬品を製造販売することができるようになります。
ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同じ有効成分を使って製造されるため、開発に必要な時間・費用が少なくて済み、薬としての承認の手続きも簡略化されているので、価格を安くできるというメリットがあります。そのためジェネリック医薬品の利用は患者の負担減、ひいては医療費の削減につながると言われ、厚労省も普及に力を注いでいますが、なかなか普及が進みません。
その理由としては、有効成分が一緒だといっても大きさや味、においなどに違いがある場合もあり新薬からの切り替えに注意を要すること、また後発医薬品がかつて「ゾロ薬」などと呼ばれていた時代があり、その時についた品質に不安があるなどのマイナスイメージがいまだに払拭できていないことなどが指摘されています。

カテゴリー: ジェネリック医薬品ブログ   タグ:   この投稿のパーマリンク