ジェネリック医薬品の特徴は低薬価だけなのか

ようこそ、富山県にある陽進堂がお届けするジェネリック医薬品ブログです。
ジェネリック医薬品でよくあげられる特徴としては、低薬価であるということではないでしょうか。
なぜ安いのかというと、ジェネリック医薬品は、薬の特許が切れた後に申請して作られる薬です。
開発や実験にかかる費用や時間を省くことができるので、その分安くすることができるのです。
ただ、薬をジェネリックに切り替えたいと思っても、そうはいかない場合もあります。
また、薬をジェネリックに切り替えたとしても、先発薬に比べてちょっとしか安くならないということもあります。
同じような成分のジェネリック薬でも、成分や効き目が微妙に違う場合があります。
それは、例えば錠剤ならば大きさで溶け出し方が違います。
このように、薬の形状が違う場合や他の成分が含まれている場合もあるからです。
また、処方箋を書くお医者さんが、この薬はジェネリックではないものを使いなさいと言った場合、患者さんの都合でジェネリックに切り替えることはできません。
別に、お医者さんは高い先発薬を使わせて儲けようと思っているわけではありません。
ジェネリックは情報量も少なく、先発薬に比べて効き目や成分の微妙な違いがあり、果たしてその患者さんに薬があうのかどうかわからないため、最初は先発薬で様子を見るという形になるのです。特にお医者さんから指示が無ければ、薬局側でジェネリックを勧めてくる場合もあります。
そのときは、不安な点や効能などをよく聞き、相談した上でジェネリック医薬品にするかどうか決めましょう。

カテゴリー: ジェネリック医薬品ブログ   パーマリンク