ジェネリック医薬品の中の改良製剤の特徴とは何か

ようこそ、富山県の陽進堂から発信するジェネリック医薬品情報ブログです。
ジェネリック医薬品とは、既に病院やドラッグストアで多く使用されていますが、後発医薬品のことですね。
新薬と全く同じ成分が使われているにも関わらず、新薬よりかなり低価格の薬です。
大体新薬の2割から5割ぐらいの価格で同じ効果が得られます。
なぜこのようなことが可能になるのかというと、新薬を開発するためには研究開発費のみならず、安全性のテストやそれに関する手続きなど、莫大な費用がかかっていますが、ジェネリック医薬品は、新薬で安全性や有効性が立証されている成分を使うため、開発費用や安全性のテスト費用が少なくて済んでいるためです。
ジェネリック医薬品の中にはたくさんの改良製剤というものがあります。
その特徴は、新薬と全く同じ形状ではなく、使用者がより飲みやすくなるように改良されているのです。
例えば、錠剤が大きすぎて飲み込みにくいものは小さく溶けやすく、苦くて飲みにくいものは苦さを抑えたりカプセルにしたり、粉薬が苦手という人のために錠剤やカプセルにしたり、様々な改良が加えられています。
新薬が登場して数十年もたてば、技術も進歩しているのでこのようなことが可能になります。
新薬と違う形状になったからといって、または違う味になったからといって、効果が違ってくるということはありません。
また、安全性という面でも厳しくチェックされているので心配はいりません。
新薬と全く同じ効果でしかも飲みやすい、それが低価格なジェネリック医薬品の改良製剤の特徴です。

カテゴリー: ジェネリック医薬品ブログ   タグ:   この投稿のパーマリンク