ジェネリック医薬品の安全性について

ようこそ、株式会社陽進堂のブログサイトです。
ジェネリック医薬品とは後発医薬品のことで、特許の切れた薬と同じ成分でできている同効き目の医薬品のことです。
同じ効き目で安く購入することができてもジェネリック医薬品には安全性が無ければ意味がありません。
実際にはジェネリック医薬品はどようにして安全性を保っているのでしょうか。
まずはジェネリック医薬品は開発されて市場に出る前に実験や検査などを行います。
このときには保存に関する実験なども行います。
実際に薬局や医療機関などで保管されることを想定し、検査結果などを元にして有効期限を決めるのです。
そしてそもそも同じ効き目であるのか、本当に安全性が確認できるものなのかを調べるための実験や検査なども行うのです。
血液にどれだけの有効成分が入るのか、これが元々のオリジナルの医薬品と同じ程度でなければいけません。
これにより同等の効き目があり、安心して安く利用できるジェネリック医薬品が市場に出回るのです。
後発医薬品に関する取りきめというものは非常に厳しく、これをクリアしなければ絶対に流通させることが出来ません。
世界基準で決められたジェネリックに関する安全基準があります。これは日本国内のみならず海外でも通用する基準なのです。
ジェネリックに関しては客観的評価による実験などをしていますので、もしもこれから病院などにかかるのでしたら、節約のためにジェネリックのほうを選ぶのもいいかも知れません。安全性に疑問を感じていた方も本当は安全であることが分かれば安心して利用できるかと思います。

カテゴリー: ジェネリック医薬品ブログ   パーマリンク