ジェネリック医薬品のジェネリックの意味

富山県の陽進堂から発信するジェネリック医薬品情報へようこそ。
ジェネリック医薬品のジェネリックとはどういう意味なのでしょうか。

まず、最初に開発された薬を先発薬と呼びます。
これに対し、後から作られるジェネリック医薬品は後発医薬品とも呼ばれます。
先発薬は、発明から約20年、特許によって守られます。
特許が切れた後は、他の製薬会社でも同じような薬を作ることができるようになります。
薬を開発するとき、まだその薬に名前はついていません。
ここでいう「名前」とは、商標登録名のことです。
商標登録名は、もちろん消費者に親しみやすく呼びやすい名前になります。
それに対し、開発中の薬はその薬の成分名で呼ばれます。
商標登録された名前がブランドネーム、成分名はジェネリックネームと呼ばれます。
ブランドネームはなんとなく想像がつくのではないでしょうか。
ジェネリックは英語でgenericと書き、この単語は日本語では「一般名」といった意味を持ちます。
アメリカでは、ジェネリック医薬品を処方するとき、名前ではなく成分名、つまりgenericを記載します。
このことから、日本では後発医薬品のことをジェネリック医薬品と呼ぶようになったのです。
ジェネリック医薬品の全てが、成分名で呼ばれているわけではありません。
きちんとブランドネームがついたものもありますし、主要成分が名前になっている薬もあります。
当たり前ですが、成分が同じだからといって、商標登録された名前を使うことはできません。
そのため、ジェネリックでは違う名前や成分名を名前として使用しているのです。

カテゴリー: ジェネリック医薬品ブログ   パーマリンク