ジェネリック医薬品は先発医薬品の特許期間後に開発開始

富山県の陽進堂がお届けするジェネリック医薬品情報へようこそ。
すべての医薬品は開発された時点で特許出願がなされます。
それら特許の種類は物質、用途、製剤、遺伝子などの項目に分けられており、この出願が通過することで特許は確立され、他の製薬会社がこれを模した医薬品を作ることは固く禁じられます。
これらは出願されてから20年間にわたり維持されることとなり、該当期間においては先発医薬品を開発したメーカーが独占的にその製薬を製造・販売し続けることが可能となるのです。

それでは20年が経過するとどうなるのでしょうか。
これまで特許で守られてきた該当する製薬の製法や原料などはオープンとなり、各社が同じ効能を持った製薬を更なる安価で開発しようと競争が始まります。
そうして生まれるのがジェネリック医薬品です。
これらは先発医薬品に比べて安価に手に入ることから患者にとっても、また患者の健康保険を負担する国家にとっても医療費を抑える意味で非常に重要なファクターとなります。

また実際には特許の認可状況は様々なケースが複雑に絡まり合っており、物質的には権利が切れているのに製造方法的にはまだ権利が切れていないという場合も多く、その場合には他社にもオープンになった物質や原料を使用して、それを独自の製法によって薬品製造していくといった道筋も可能となります。

つまりジェネリック医薬品とは先発医薬品メーカーの築いてきた礎をもとにして、そこに他社の更なるブラッシュアップを施した末に生まれてくる知恵と努力の結晶ということができるわけです。

カテゴリー: ジェネリック医薬品ブログ   パーマリンク