ジェネリック医薬品についてと歴史

こんにちは、富山県にある陽進堂のブログへようこそ。
ジェネリック医薬品とは、薬を開発した医薬品会社の保護のため設定されている20年間の専売特許が切れた後、他社が製造・販売する医薬品のことです。

ジェネリック医薬品という名前が広く浸透するようになってそれほど経過しておりませんが、歴史的には後発医薬品自体はかなり前から存在していました。
しかし、アメリカやカナダ、ドイツ、イギリスといったジェネリック医薬品の普及率が高い国々と比べて日本では評価が低く、売れ行きが悪いために安定したジェネリック医薬品を作る費用ができないという悪循環になっていました。

この背景にはブランド重視の国民性と、製造工程や材料が全く先発品と同じではないため効果に違いを感じることがあり、医師や薬剤師も不信感を抱いていたことがあります。
ジェネリックの立場が変わったのは、厚生労働省が普及に積極的になったのがきっかけです。
長引く不況と少子高齢化による医療費の負担を軽減させるため、ジェネリックという名前とともに大々的にPRされるようになり、元々10%程度しか広まっていなかった国内での普及率が、現在では20%程度になりました。

製薬会社も徐々にジェネリックの製造に前向きに取り組むようになり、今後さらに普及率は増加する見通しです。ただ、用量が微妙なものや、味付け、飲み心地などが変わると敬遠される可能性が高い小児向けの薬などは、危機回避のため未だに先発品のみを使用する医師が多いのが現状です。

カテゴリー: ジェネリック医薬品ブログ   パーマリンク