ジェネリック医薬品の万全を期した製造過程について

ようこそ、株式会社陽進堂(本社:富山県富山市)のブログサイトです。
特許の期限が切れた新薬の有効成分を活用して製造されるジェネリック医薬品は、もとの新薬よりも製造に掛かるコストを抑えることができます。
ゆえに、品質劣化を起こすことなく価格のみを安くすることに成功した医薬品です。
とはいえ、製造そのものを手抜きしているわけではありません。
ジェネリック医薬品は、新薬と同等の効き目が実証されなければなりません。
原材料の選定から確実性や安全性が問われます。
また、厳選された原材料が元になった試作品は被験者に用いられ、血液検査を通じて有効性や安全性が判断されます。
新薬に及ばなかった場合は、いくら原材料の品質が良くても新薬と同等ではないとみなされます。
改良を重ねるだけ重ねた完成品は、国の審査を受けることになります。
国の審査もクリアして、ようやく正規のジェネリック医薬品として認められるのです。

カテゴリー: ジェネリック医薬品ブログ   パーマリンク