ジェネリック医薬品への簡単な変更方法

ようこそ、富山県の陽進堂がお届けするジェネリック医薬品情報ブログです。
日本国内におけるジェネリック医薬品の認知度は、約98%だそうです。
テレビや新聞などの広告や、病院で見かけるポスターなどの影響が大きいのでしょう。
ただ、認知度の割にジェネリック医薬品の実際の使用率は約20%です。
少ないシェアの背景には、医師や薬剤師に遠慮して言い出しづらいといった変更手順の煩わしさがあるようです。
とはいえ、医薬品の選択権は患者さん自身にあるため、本来はなんの遠慮も必要ありません。
直接伝えることに気が引けるというのであれば、ジェネリックお願いカードを使ってみてはいかがでしょうか。
ジェネリックお願いカードは、名前の通りジェネリックの使用を望む旨がシンプルに示されているカードです。
製薬会社や関連団体のサイトからダウンロードできます。
来院時に診察券や保険証と一緒にカードを提示すればよいだけです。
最も簡単な変更方法なので、ぜひ活用してみてください。

カテゴリー: ジェネリック医薬品ブログ   パーマリンク