ジェネリック医薬品に対する海外諸国と日本の捉え方の違い

こんにちは、富山県にある陽進堂のブログへようこそ。
世界の先進国で高い使用率を誇るジェネリック医薬品。
背景には、配合成分が同じであれば製薬会社のブランドは問わないという合理的な考え方が、各国の患者さんたちに浸透しているというのがあります。
また、医療費を抑えるための対策として、ジェネリック医薬品の使用を優先させることを医師や薬剤師に義務づけている国も少なくありません。
一方、日本は、海外諸国のようにジェネリック医薬品の使用を義務づけられているわけではありません。
革新的な変化を好まないという国民性も影響して、利用率も高くありません。
ただし、日本政府は数年前から海外に倣ってジェネリック医薬品の利用を推進しています。
少子高齢化が進むことで外国以上に医療費存続の危機を迎えている日本は、少しでも予算を少なくする努力が求められているからです。
新薬からジェネリック医薬品に変更するだけで、年間1兆円以上の予算削減が可能です。
また、患者さんにとっても治療薬としてのランクを落とすことなく自己負担額が大幅に減るという利点があります。
自分のため、社会全体のために、使わない手はないのではないでしょうか。

カテゴリー: ジェネリック医薬品ブログ   パーマリンク