ジェネリックへの変更を薬剤師にお願いする

こんにちは、富山県にある陽進堂のブログです。
通院先に院内薬局がない場合、病院が提携している調剤薬局で薬の処方を受けるのが通常です。
病院と薬局が別々に分かれている患者さんは、医師ではなく薬剤師にジェネリックへの変更をお願いすることも可能です。
ただ、処方せんの記載方法に一定の条件があります。
新薬と形状や用量が同じジェネリックに変更するのであれば、処方せんの下部にある変更不可欄に医師のチェック印とサインがない限り薬剤師に申し出ることができます。
ジェネリックの形状や用量が新薬と異なり、個数を変更しなければならない場合は、医師のチェック印とサインの他に、含量規格や形状の変更不可を意味する記載がなければ大丈夫です。
いずれにせよ、患者さんにとって有効成分と内容量は新薬と変わらず、あくまでも薬事法上の手続きです。
複雑なことではないので、安心してジェネリックへの切り替えをお願いしてください。

カテゴリー: ジェネリック医薬品ブログ   パーマリンク