なぜ後発医薬品と呼ばれるのか

富山県にある陽進堂のブログです。
処方薬であるジェネリックは、後発医薬品という別称があります。
別称の由来は、ジェネリックの製造方法にもとづいています。
一般的な処方薬は、ゼロの段階から研究を始め、苦労を重ねた末製品化に至ります。
しかし、ジェネリックは、処方薬が製品化の際に取得していた特許が切れてから、同様の成分や配合技術を用いて製造します。
ゆえに、同じ分野に後から参入したジェネリックは、後発医薬品と呼ばれています。一方、ジェネリックが参入した時点から、一般的な処方薬は先発医薬品となります。
先発医薬品である一般的な処方薬をまねして製造する後発医薬品のジェネリックは、本来開発に掛かるはずの期間や費用を大々的にカットできます。
おかげで、ジェネリック最大の特長である低価格が実現でき、患者さんの治療代と国の医療費の節減にもつながっています。

カテゴリー: ジェネリック医薬品ブログ   パーマリンク