ジェネリック医薬品のこれから

こんにちは、富山県にある陽進堂がお届けするジェネリック医薬品ブログへようこそ。
薬の開発には十数年の長い時間と、数百億の投資が必要となります。
開発した薬には特許があり、開発メーカーが独占的に販売することができます。これが先発医薬品です。
この特許が切れた場合、他社メーカーが先発医薬品をもとに同じ薬を製造することができます。
これを後発医薬品(ジェネリック医薬品)と呼びます。
参考となる先発医薬品があるために、開発のコストや時間は先発薬品ほどかかりません。そのため、薬価が大変安くなります。
もちろん先発医薬品と後発医薬品に効能の差はありません。現在、日本の医療用医薬品は占有率は先発医薬品が半分以上となっています。
薬価の安い後発医薬品を普及させるために、厚生労働省は様々な策をこうじています。

カテゴリー: ジェネリック医薬品ブログ   パーマリンク