違いをご説明します

富山県の陽進堂がお届けするジェネリック医薬品情報へようこそ。
ジェネリック医薬品には、普通の薬との違いが明確に存在します。それは、価格設定です。
一般的に、普通の薬は開発するまでに数十年の期間と数百億円の費用を要します。
開発の労苦が、そのまま決して安くない価格に反映されています。
一方、ジェネリック医薬品は、普通の薬が取得していた特許の期限が切れてから後追いという形で開発します。
そのため、期間は5年以内、費用は数億円で済ますことができ、普通の薬ほど開発に至るまでの労苦が軽減されます。
ゆえに、普通の薬ではありえなかった低価格の実現が可能となっています。
また、開発過程の異なりであるため、ジェネリック医薬品は低価格でありながら普通の薬と変わらない品質を保っています。
ジェネリック医薬品と普通の薬との違いは、さほどなく患者さんにとってメリットが多いと言えます。

カテゴリー: ジェネリック医薬品ブログ   パーマリンク