厚生労働省の取り組み

こんにちは、富山県にある陽進堂がお届けするジェネリック医薬品ブログへようこそ。
厚生労働省はジェネリック医薬品の普及率を上げる為に積極的に取り組んでいます。
ジェネリック医薬品は先発医薬品と同等の効果が得られ、開発費用が安く抑えられる事から先発医薬品と比べて価格が安くなっています。
高齢化社会を迎え、この先さらに超高齢化社会を迎える日本にとって医療保険財政の問題はどうにかしなければなりません。
このままでは将来、今と同レベルの医療サービスを受けられるかどうか不透明だと思います。
そこで、価格の安いジェネリック医薬品の普及が進めば患者負担の軽減、医療保険財政の改善に繋がるものと考えられます。
自分だけの為にではなく、将来の子供の為にもジェネリック医薬品への変更が必要不可欠なものといえます。

カテゴリー: ジェネリック医薬品ブログ   パーマリンク