ジェネリック医薬品と新薬との相違点は?

こんにちは、富山県にある陽進堂がお届けするジェネリック医薬品ブログへようこそ。
処方薬は、医師の判断のみで出される普通の薬と、自分で希望して使用するジェネリック医薬品の2つに分かれています。
ジェネリック医薬品と普通の薬との違いを知ると、処方薬の選択を判断する材料となります。
普通の薬は、独立独歩の研究により新たな治療薬として開発されたものです。
一方、ジェネリック医薬品は普通の薬を参考に二次的につくられます。
ただ、普通の薬は特許期間の取得が国から許可されるので、ジェネリック医薬品の製造は期限を迎えた後からと決まっています。
ゆえに、ジェネリック医薬品は開発過程を合理化できますが、特許期間により普通の薬のシェアや儲けを過剰に奪わないという関係性が成り立っています。
合理的な製造方法のジェネリック医薬品は、コストが安く済むというのも普通の薬との違いです。
低コストなのに品質を落とさず低価格に反映できるので、患者さんは医療費の節約という恩恵を享受できます。

カテゴリー: ジェネリック医薬品ブログ   パーマリンク