自己負担が半額にならない理由

ようこそ、株式会社陽進堂(本社:富山県富山市)のブログサイトです。
ジェネリック医薬品を使うと薬代の自己負担額が低くなりますが、必ず半額になるという訳ではありません。
これは、医師から処方される医薬品は法律で値段が決まっているからです。
ジェネリック医薬品は初めて販売されるとき、現行医薬品の70パーセントに価格が設定されます。(内用薬については一部例外があります)。
つまり、ジェネリック医薬品は現行医薬品の30パーセント引きとなる為自己負担が半額になるという訳ではないのです。ただし値段は見直しにより下がる事もあるので、結果として半額となる場合もあります。

カテゴリー: ジェネリック医薬品ブログ   パーマリンク