ジェネリック医薬品の国内市場におけるシェア

こんにちは、富山県の陽進堂がお届けするジェネリック医薬品情報ブログです。
政府はジェネリック医薬品(後発医薬品)の医療用医薬品国内市場におけるシェアについて30%を目標としています。
しかし、テレビCMなどによって認知度は徐々に高まっているものの、数量ベースで23%程度、薬価ベースでは10%にも満たない状況です。
これは医師や薬局自身が利幅の少ないジェネリック医薬品を積極的に使いたがらない、またそのような医療制度である事、患者自身が認知していない、あるいは使用に不安がある事など様々な要因があります。

カテゴリー: ジェネリック医薬品ブログ   パーマリンク