最新鋭の製剤工場

製剤工場へ搬入された原薬は電子天秤でひょう量、記録し正確性に細心の注意を払っています。
ひょう量された原料は各製造工程へと送られ、各種剤型の医薬品の製造を行います。

陽進堂では、顆粒剤、細粒剤、カプセル剤、素錠、糖衣錠、フィルムコート錠、内用、外用、液剤など各種剤型の製造に対応する最新の設備を完備。
GMPに対応した高度で厳格な生産体制を基盤に、高品質な医薬品の安定供給に取り組んでいます。
クリーンな製造環境のもと、原薬の品質を確保しながら、混合、造粒、精留の工程へと進みます。
また、24時間フル稼働可能なロータリー打錠機を導入。
製剤の大量受注に対応できるよう最新の設備を完備しています。
多様化する医薬品のニーズに迅速に対応するため、あらゆる剤型の製造に応じたバリエーションに富んだ機器を駆使し、高い生産力を実現しています。
これらの製剤は、錠剤検査機や散在自動検査機により、異物を検査し除去します。
錠剤を包装するPTP充填室では、毎分6,000錠の処理能力をもつPTP充填機を備え、製剤の迅速な製品化に対応しています。

さらに陽進堂は、2011年製剤第2工場を新設。
第2工場最大の特徴は、世界的にも最新鋭の技術を集約し、従来では別棟で管理されていたステロイドゾーンを、一般製剤と同じ工場内に設けたことです。
ステロイドゾーンでは天井裏までを一般ゾーンと完全分離、また配管ラインについても独立した構成になっています。
さらには、ステロイド充填エリアと包装エリアの間にエアーロックを備え、完全な封じ込めを実現しています。
ステロイドゾーンの人の動線はワンウェイ方式を導入。
また、ステロイドが暴露する作業においてはグローブボックスを使用するなど、ステロイドの飛散を完全にシャットアウトしています。
サンプリングは、ステロイド原料、一般原料、資材の3つに分け、立体倉庫と直結するステーションが設けられた専用のサンプリング室で行われます。
特にステロイドのサンプリング室には、グローブボックスを備えており、室外への飛散を防止しています。

軟膏調整工程では、400リットルの真空乳化装置で調整が行われます。
軟膏充填ラインでは、高性能のチューブ充填機を採用し、毎分160本の製造を可能にしています。
軟膏包装ラインでは、カートナー、およびオーバーラップ包装機により、包装の自動化を実現しています。
液剤調整工程では、800リットルの調整タンクを導入しています。
ボトル充填ラインは、毎分60本の製造能力があり、調整から充填までの高効率製造を実現しています。
また、本ラインはCIPにも対応しています。
ボトル包装ラインには、ラベラー、レーザー印字検査機、磁気添付文書検知器など最新鋭の技術で、高いレベルでの自動運転を可能にしています。
自動倉庫は、1,500パレットの収納能力を有し、CSV対応による的確な入出庫を可能にしています。

最新の設備と最新のシステムを融合したGMP工場が、常に安心して使用できる確かなジェネリック医薬品の製造を可能にしています。
総合研究所、原薬工場、製剤工場の3つが連携することにより、原薬から最終製品まで一貫した生産体制を確立。
本当の意味で、最終製品の品質が確保できる高品質で信頼性の高いジェネリック医薬品の製造工場として、理想的な姿を実現しています。

高齢化社会を迎えた今、患者様の経済的負担や、国の財政負担の軽減に貢献するジェネリック医薬品は、ますます大きな社会的使命を担うようになってきています。
医師や薬剤師など医療の現場と綿密に情報交換し、経口固形剤から液剤に至るまで、医療の最前線から求められるあらゆる製剤のニーズに応えます。
陽進堂では、医師が自信を持って患者様に処方できる高品質で低価格なジェネリック医薬品を、安定的に供給できる体制を構築しています。

カテゴリー: 会社案内   パーマリンク