会社概要・沿革

陽進堂の会社案内
人々の健康と社会貢献を願う製薬企業として。

会社概要
創業 昭和4年
設立 昭和37年
代表者 体表取締役社長 北村 博樹
社名 株式会社陽進堂
資本金 3億円
事業内容 医療用医薬品の製造販売
主要取引銀行 北陸銀行、三菱東京UFJ銀行、商工中金、日本政策投資銀行
関連会社 信和薬品株式会社、ラブレ創健株式会社、エイワイファーマ株式会社、YLバイオロジクス株式会社
沿革
昭和4年 下村亀次郎、富山市にて一般向けの医薬品を製造、全国の薬局・薬店に販売。
29年 下村孝治、富山市山王町で下村陽進堂を創立、医薬品の受託製造を始める。
37年 下村陽進堂を株式会社に改組、所在地を富山市新庄町に移転。
42年 本社工場を新設。
45年 社名を株式会社陽進堂に変更。
48年 クロレラを主に健康食品の製造を開始。
51年 健康食品製造部門を分離し、信和薬品株式会社を設立。
受託製造より医療用医薬品の製造販売に傾注する。
54年 台湾への輸出業務を開始。
58年 下村健三、社長就任。下村孝治、会長に就任。
健康食品販売部門を分離し、株式会社創建を設立。
60年 ケンユ薬品株式会社を稼働、販売力を強化。
61年 婦中工場新設
平成6年 ケンユ薬品株式会社を合併。
平成7年 資本金を2億9,576万円に増資。
8年 婦中町に新本社工場が竣工
資本金を4億円696万円に増資。
15年 工場用用地取得(21,933㎡)、総敷地面積(31,850㎡)
本社工場増築1,988㎡、建物延べ床面積9,888㎡
16年 株式会社ワイ・アイ・シー合併。
18年 総合研究所を竣工。
19年 関連会社 株式会社創建がラブレ創建株式会社に社名変更。
21年 資本金を3億円に減少。
22年 原薬工場棟を竣工。稼働開始。
23年 製剤第2工場が竣工。稼動開始。
25年 合弁会社エイワイファーマ株式会社を設立。
  事業領域を拡大、GE製品に加えて輸液・透析製品の販売を開始。
  東京オフィス新設及び支店制導入。
26年 合弁会社YLバイオロジクス株式会社を設立。
  バイオシミラーの開発に着手。
  第2研究棟が竣工。
27年 原薬第5工場が竣工。
28年 下村健三、代表取締役会長に就任。北村博樹、代表取締役社長に就任。