タグ別アーカイブ: 受託製造

品質管理、受託製造

命と健康を守るために、絶対という約束。
厳重な体制と分析による徹底した品質管理
人間の命と健康に深くかかわる医療医薬品。その一つひとつには、絶対という品質を約束しなければなりません。陽進堂では、製造過程別に原料・製品を厳格にチェックする体制を確立。品質管理部門では、製剤の溶け方を
検証することにより、つねに製剤を一定の高いレベルに保つことを目的に国より義務付けられた溶出試験をはじめ、原薬や製材中に含まれる不純物の規制など厳格な品質管理を行っています。薬の使命は、安全が確約された品質を備えていること。つねに安心して使用できる医薬品の品質を確認し維持することができるよう、厳しい目をたやすことなく、信頼に応える薬づくりを進めています。
価値ある技術を生かし、ニーズがあれば、どんな医薬品も。
あらゆる受託製造に対応するフレキシブルな生産体制
ジェネリック医薬品メーカーの陽進堂は、受託製造にも積極的に取り組む体制を確立しています。「新GMP基準」をクリアした工場では、厳格な品質管理と合理的な生産を両立させ、錠剤、フィルムコート、糖衣錠、カプセル剤など幅広いニーズに対応できる生産設備を備えています。
陽進堂の専門スタッフがきめ細かくご要望を伺いながら、施策と検証を繰り返し、品質、コスト、納期など確認。ニーズを満たすご提供をできるよう、柔軟な社内体制で対応していきます。

カテゴリー: 工場概要 タグ: , |