厚生労働省のジェネリック医薬品

こんにちは、株式会社陽進堂のブログサイトです。
みなさんはジェネリック医薬品という薬をご存知でしょうか?
ジェネリック医薬品とは先発医薬品と同等の効果がある医薬品の事です。
このジェネリック医薬品の使用促進の為に厚生労働省が積極的に施策に取り組んでいます。
ジェネリック医薬品は一般的に、開発費用が安く抑えられることから先発医薬品に比べて価格が安くなっています。
ジェネリック医薬品の使用の割合が増えればそれだけ国の医療費も抑えられると言う事です。
国の医療費が抑えられるだけでなく、家計の医療にかかる費用も抑える事が出来ます。
現代は高齢化に伴い様々な病気があります。医療費を抑えるためにジェネリック医薬品を選択するというのも一つの対策ではないでしょうか?

安全をより確かなものに

ジェネリック医薬品は市場に出回った後にも、品質再評価がなされます。
消費者としてこれはとても安心できる制度ですね。
ジェネリック医薬品と先発医薬品の同等性を再検査し、その結果をまとめたものを日本版オレンジブックと呼びます。
日本版というのは、オレンジブックはもともとはアメリカにある医薬品の品質再評価の結果をまとめたものなのです。
日本版オレンジブックは、このアメリカのオレンジブックを参考に作られました。
日本ではまだまだマイナーなジェネリック医薬品。
ジェネリック医薬品の利用を促進するために、日本版オレンジブックはとても役立つものだと思います。

ジェネリック医薬品の品質

ジェネリック医薬品の品質評価は、再検査によってより確かなものになります。
ジェネリック医薬品は市場に出た後も、品質再評価をされることがあるのです。
被験者への臨床試験によって行われる再検査は、厚生労働省の提携期間が製薬会社には知らせずに抜き打ちで行います。
その結果により先発医薬品との医学的同等性が認められれば、政府の公認誌である日本版オレンジブックに掲載されます。
この検査により基準に満たなかったジェネリック医薬品には、行政の指導が入ることとなります。
ジェネリック医薬品の品質はこうして保証されるのです。

厚生労働省の取り組み

厚生労働省はジェネリック医薬品の普及率を上げる為に積極的に取り組んでいます。
ジェネリック医薬品は先発医薬品と同等の効果が得られ、開発費用が安く抑えられる事から先発医薬品と比べて価格が安くなっています。
高齢化社会を迎え、この先さらに超高齢化社会を迎える日本にとって医療保険財政の問題はどうにかしなければなりません。
このままでは将来、今と同レベルの医療サービスを受けられるかどうか不透明だと思います。
そこで、価格の安いジェネリック医薬品の普及が進めば患者負担の軽減、医療保険財政の改善に繋がるものと考えられます。
自分だけの為にではなく、将来の子供の為にもジェネリック医薬品への変更が必要不可欠なものといえます。

先発医薬品とジェネリック医薬品の違い

怪我や病気の際には治療を受けて薬を処方してもらいますが、薬には先発医薬品とジェネリック医薬品の2種類が存在します。
あるメーカーが初めて開発したオリジナルが先発医薬品と呼ばれ、特許が切れた薬を別のメーカーが模倣して開発した薬を後発医薬品、もしくはジェネリック医薬品と呼びます。
試験があるので、薬効は同じと認められ、安全性も十分に確認されていますが、薬によっては効き目に若干の違いがあると主張する人もいるので良く調べましょう。
薬価はジェネリック医薬品の方が比較的安価な為、国全体がジェネリック医薬品の普及を進めています。

医療費抑制の大きな柱

日本では医薬品の抑制が大きな問題となっています。
欧米の医療先進国でも随分前から日本と同様に医療費の抑制が大きな社会問題になっていたことをご存知ですか?
そこで医療費抑制の大きな柱となったのがジェネリック医薬品なのです。
ジェネリック医薬品は先発医薬品よりも薬価の低い薬として知られていますね。
もちろんその効能は先発医薬品と同等です。
各国におけるジェネリック医薬品のシェアは、アメリカ、カナダ、ドイツ、イギリスなどでは60%を超えています。
日本ではまだ30%も満たしていません。
これまでシェアが低かった国でも、ジェネリック医薬品のシェアは急速に伸びています。

ジェネリック医薬品と新薬との相違点は?

処方薬は、医師の判断のみで出される普通の薬と、自分で希望して使用するジェネリック医薬品の2つに分かれています。
ジェネリック医薬品と普通の薬との違いを知ると、処方薬の選択を判断する材料となります。
普通の薬は、独立独歩の研究により新たな治療薬として開発されたものです。
一方、ジェネリック医薬品は普通の薬を参考に二次的につくられます。
ただ、普通の薬は特許期間の取得が国から許可されるので、ジェネリック医薬品の製造は期限を迎えた後からと決まっています。
ゆえに、ジェネリック医薬品は開発過程を合理化できますが、特許期間により普通の薬のシェアや儲けを過剰に奪わないという関係性が成り立っています。
合理的な製造方法のジェネリック医薬品は、コストが安く済むというのも普通の薬との違いです。
低コストなのに品質を落とさず低価格に反映できるので、患者さんは医療費の節約という恩恵を享受できます。